adv.yomiuri 読売新聞広告局ポータルサイト

選考委員の紹介

出版広告の活性化と出版界の発展に貢献することを目的として、1996年に創設されました。「言葉」や「活字」にこだわった表現が多い出版広告を、独自の基準で審査し、大賞・金賞・銀賞・銅賞と、朝刊一面の広告に限定した特別賞が受賞した広告主に贈られます。

選考委員長
北村 薫〔作家〕
高校教師として勤めたのち、1989年「空飛ぶ馬」でデビュー。1991年に「夜の蟬」で第44回日本推理作家協会賞(連作短篇集賞)を、2006年に「ニッポン硬貨の謎」で第6回本格ミステリ大賞(評論・研究部門)を受賞する。2009年、「鷺と雪」で第141回直木賞を受賞する。著書に「覆面作家」シリーズ、「時と人」3部作、「いとま申して」シリーズ等がある。日本推理作家協会理事。
選考委員
荻野 アンナ〔慶應義塾大学文学部教授、作家〕
1983年からフランス政府給費留学生として留学し、ラブレーを研究。帰国後、書評を手がけたのを機に創作を始め、1991年「背負い水」で第105回芥川賞、2002年「ホラ吹きアンリの冒険」で第53回読売文学賞を受賞する。著書に「ラブレー出帆」「カシス川」などがある。日本文芸家協会会員。
選考委員
嶋 浩一郎〔博報堂執行役員 エグゼクティブクリエイティブディレクター〕
主な仕事として、資生堂企業広告、集英社文庫、J-WAVE企業広告、レクサスなど。2004年本屋大賞を企画。現在NPO本屋大賞実行委員会理事。2012年東京下北沢に本屋B&Bを開業運営している。著書に「欲望する『ことば』『社会記号』とマーケティング」(共著)など。
選考委員
松田 哲夫〔編集者(筑摩書房顧問)、書評家〕
「ちくま文学の森」「老人力」などのベストセラーを生み、「ちくま文庫」を創刊。TBS系テレビ「王様のブランチ」でコメンテーターを12年半務め、NHKラジオ第1「ラジオ深夜便」書評コーナーを約6年半担当した。著書に「印刷に恋して」「『本』に恋して」「縁もたけなわ」など。個人編集のアンソロジー「中学生までに読んでおきたい哲学」なども好評で、現在「家族で楽しむ『まんが発見!』」を刊行中。
選考委員
徳毛 貴文〔読売新聞東京本社 編集局文化部長〕
1989年入社。社会部で、主に政治・経済事件の取材や調査報道を担当。その後、さいたま支局長、適正報道委員会委員、配信部長(読売新聞オンライン担当)などを経て2020年6月から現職。

ページトップへ