栞ちゃん 2007.11/vol.10-No.8

栞ちゃん
Vol.6  谷川俊太郎の33の質問。

国井美果への33の質問。 2007年10月13日 自宅にて

1 金、銀、鉄、アルミニウムのうち、もっとも好きなのは何ですか?
(銀でしょうか)

2 自信をもって扱える道具をひとつあげて下さい。
(耳かき)

3 女の顔と乳房のどちらにより強くエロチシズムを感じますか?
(顔だと思います)

4 アイウエオといろはの、どちらが好きですか?
(あいうえお)

5 いま一番自分に問うてみたい問は、どんな問ですか?
(「これでいいのか?」)

6 酔いざめの水以上に美味な酒を飲んだことがありますか?
(ないです)

7 前世があるとしたら、自分は何だったと思いますか?
(人間じゃない気がする。レモンの木とか?)

8 草原、砂漠、岬、広場、洞窟、川岸、海辺、森、氷河、沼、
村はずれ、島――どこが一番落着きそうですか?

(岬、海辺)

9 白という言葉からの連想をいくつか話して下さいませんか?
(雲、牛乳、こども、朝、シーツ)

10 好きな匂いを一つ二つあげてください。
(犬や猫の後頭部の匂い、濃い緑が匂う初夏の空気)

11 もしできたら、「やさしさ」を定義してみて下さい。
(あえて聞かないでいられること、とか)

12 一日が二十五時間だったら、余った一時間を何に使いますか?
(寝ます)

13 現在の仕事以外に、以下の仕事のうち、どれがもっとも自分に
向いていると思いますか?
指揮者、バーテンダー、表具師、テニスコーチ、殺し屋、乞食。

(表具師かバーテンダー?)

14 どんな状況の下で、もっとも強い恐怖を味わうと思いますか?
(今乗った乗り物が、じき爆発するとわかったとき)

15 何故結婚したのですか?
(一回してみようと思いました)

16 きらいな諺をひとつあげて下さい。
(漁父の利・・・あ、そんなにきらいでもないかも)

17 あなたにとって理想的な朝の様子を描写してみて下さい。
(気持ちよく晴れていて、予定がなにもない)

18 一脚の椅子があります。どんな椅子を想像しますか?
形、材質、色、置かれた場所など。

(小屋の前に、庭に向いて置かれた、風雨にさらされた木の椅子)

19 目的地を決めずに旅にでるとしたら、東西南北、
どちらの方角に向いそうですか?

(なんとなく西へ)

20 子どもの頃から今までずっと身近に持っているものがあったら
あげて下さい。

(「アリスティードの夏休み」という児童書)

21 素足で歩くとしたら、以下のどの上がもっとも快いと思いますか?
大理石、牧草地、毛皮、木の床、ぬかるみ、畳、砂浜。

(砂浜、畳)

22 あなたが一番犯しやすそうな罪は?
(ウソ)

23 もし人を殺すとしたら、どんな手段を択びますか?
(理由によりますが、刺しちゃったりして)

24 ヌーディストについてどう思いますか?
(別に)

25 理想の献立の一例をあげて下さい。
(迷う・・・上等なのりのおいしいおにぎりと、おいしい緑茶)

26 大地震です。先ず何を持ち出しますか?
(こども)

27 宇宙人から〈アダマペ プサルネ ヨリカ〉と問いかけられました。
何と答えますか?

(「アダマペ プサルネ ヨリカ?」)

28 人間は宇宙空間へ出てゆくべきだと考えますか?
(出られるだけ出たらいい)

29 あなたの人生における最初の記憶について述べて下さい。
(晴れた日に、庭で洗濯物を干している母の姿・・・という気がします)

30 何のために、あるいは誰のためになら死ねますか?
(愛だろ、愛)

31 最も深い感謝の念を、どういう形で表現しますか?
(一生の忠誠)

32 好きな笑い話をひとつ、披露して下さいませんか?
(ジョークとか、聞いてもすぐ忘れちゃうんです)

33 何故これらの質問に答えたのですか?
(締め切りを守れなかった自分へのお仕置きとして)


上等な質問というものは、答えていて愉快だし、
自分を知るいい機会となりますね。
本書〈谷川俊太郎「谷川俊太郎の33の質問/ちくま文庫」〉では、
武満徹や和田誠、岸田今日子など7人の友人の、しゃれていたり
含蓄があったり、素顔の見える答えが対談形式で紹介されています。

国井美果(文)
ライトパブリシテイ コピーライター
本誌デザイン
帆足英里子(デザイン・写真)

ライトパブリシテイ アートディレクター


もどる