ojo interview

2010.2・3/vol.12-No.11・12

  • この記事をクリップ!
  • newsing it!
  • Buzzurlにブックマーク
  • このエントリーを含むはてなブックマーク

清川あさみ氏

アーティスト/アートディレクター 清川あさみ氏

 師走の松屋銀座は、表通りに面した外観も全館の売り場も、無数のクリスタルや布・糸でファンタジーの世界と化した。そのスワロフスキーとのコラボによるビジュアルが、銀座ディスプレイコンテストで主要2冠に輝く一方、「売り上げ増に貢献できて万々歳です」と声を弾ませる。佐々木希らのスタイリングを担当したロッテ「Fit's」のCMや、ポスターなどのアートディレクションを手がけたパルコの水着キャンペーン。デザインしたユニクロのTシャツも完売するなど、独特な美の表現は、次々と結果を出している。
 広告主から伝えられるイメージを実現するために“最先端の消費者”でいる努力は日々欠かさず、ショッピングや各種の映画鑑賞もすべて栄養にする。「こう見えて、地味な調べものが好きなんです」
 淡路島から18歳で上京、文化服装学院時代はファッション誌の読者モデルとしてカリスマ的人気を博すが、卒業を機に「作る人」としての使命を自覚。以来10年近く、制作に没頭してきた。「毎朝、5時か6時には起きて、お昼ごろまでずっとアトリエで手を動かしています。つらさはぜんぜん感じません」。教わる師はなく、写真や造花に直接刺繍したり、飾り付けとプリントアウトを繰り返して深みを表現したりの技法も、「みんな自分の手と脳みそで編み出したものです」。
 仕事の速さは、手仕事の修練と、「3秒で本質をつかむ」(身近なスタッフ談)鋭い直感の賜物。「FRaU」(講談社)に連載中の「美女採集」では、旬の女優やタレントを動物や植物になぞらえるスタイリングや撮影が、約30分で“盛り上がったまま”完了する。「自分の中に明確な絵があるので、ズレがないんです」
 昨年11月に出した絵本シリーズ第3弾「銀河鉄道の夜」(リトルモア)は、宮沢賢治の心情に寄り添う50枚の幻想的な絵が受け、増刷が追いつかないほど。
 広告にアートに、ファンを広げる30歳。「これからも信頼できる人との出会いで、私の仕事はカメレオンのように変わっていく予感がしています」

文/小野秀夫  写真/清水徹

もどる