adv.yomiuriトップページへ

ojoトップ  > 特集

特集

印刷する

No.849 特集

売れている商品はどう新聞広告を使っているか ―健康志向の食品 3つの事例―




最近、新聞の食品広告が増えています。電通「日本の広告費」新聞広告費で「食品」は、2015年は前年から約44億円増加し、前年比で107.5%となっています。

新聞広告の接触回数を増やし商品認知を拡大する ―機能性表示食品・恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト―

雪印メグミルク株式会社  市乳事業部 発酵乳・デザートグループ 相沢利規 氏

ヨーグルト市場の拡大が続いている。その要因の一つとなっているのが、機能性ヨーグルト。2015年4月からスタートした機能性表示食品制度だ。「内臓脂肪を減らす」機能を訴求した、恵(めぐみ) megumi ガセリ菌SP株ヨーグルトを例に、制度の前……

世の中にメッセージを伝えるために新聞は重要 ―チョコレート「乳酸菌ショコラ」「おいしいハイカカオ」―

株式会社ロッテ マーケティング統括部 第二商品企画部 新商品企画室 室長 犬飼美穂子 氏

菓子業界でも「健康」をテーマにした商品が注目されている。ロッテは、2015年10月に「乳酸菌ショコラ」、2016年10月には「おいしいハイカカオ」と健康志向のチョコレートを市場に送り出している。商品開発、コミュニケーション戦略に携わったのが……

新聞広告中心の地道なコミュニケーションが実ってきた ―「麹だけでつくったあまさけ」の広告展開―

株式会社八海山 営業部 企画・広報チーム 広報担当 浜崎こずえ 氏

酒造メーカーがつくった甘酒が売れている。「麹だけでつくったあまさけ」の発売は2009年。広告を始めたのは2013年秋からで、一貫して新聞広告を中心に展開している。結果としてそれが口コミを生み、雑誌など他のメディアにも取り上げられる要因にもな……

健康志向の食品と新聞広告の親和性が高い理由

法政大学経営大学院 イノベーション・マネジメント研究科 教授 小川孔輔 氏

2015年4月にスタートした「機能性表示食品」制度で、健康志向の食品市場が拡大している。健康志向の食品はどのようなコミュニケーション、マーケティング戦略をとっているのか。また、その中で新聞広告の果たす役割は何か。食のマーケティング、個々の企……

 

保健機能食品についての基礎知識

  

食品の目的や機能の違いによって、3つに分けられる「保健機能食品」の特徴をまとめた。……

2016年12月・2017年1月号 特集

ハレを共有する


「ハレ」とは本来、祭りや儀礼など非日常を意味する言葉だ。時代を経て、正月やクリスマスなどの年中行事に加え、日常の中でちょっとした贅沢をする「小ハレ」など、消費の切り口の一つになった。そして今、スマートフォンの普及によりハレのあり方が変わってきている。現代「ハレ」事情について探った。

企業メッセージを元旦に伝えることの意味

三越伊勢丹ホールディングス  執行役員 営業本部 マーケティング戦略部長 早川 徹 氏

ハレの日の広告があるとしたら、新聞の正月広告はその代表格だろう。年頭企業広告として、その年の企業の決意を述べることの多い正月広告だが、企業メッセージを発信する場として位置付けていると語るのが、三越伊勢丹の広告に長年携わってきた早川徹マーケテ……

スーパーマーケットのハレ消費と「〇〇の日」の関係

横浜国立大学大学院  国際社会科学研究院 准教授 寺本 高 氏

スーパーマーケットでは、ハレの日や季節催事をベースにしたカレンダーで、年間の販売計画を立案する。実は食品などメーカーが作る「○○の日」も、そのカレンダーに組み込まれることで意味を持つ。スーパーマーケットとハレの日の関係を、流通経済研究所で長……

 

号外、元旦、普通の日、新聞はハレをどう扱っているか

読売新聞東京本社  編集局編成部長 菅谷一弘

日々の事件、事故、出来事を伝えることが新聞の役割だが、その中には当然ハレの出来事も含まれる。新聞はハレの日をどのように伝えているのか。読売新聞東京本社編集局の菅谷一弘編成部長に解説してもらった。……

ハレの日からハレの瞬間へ スマホが変えた「ハレ」

博報堂DYメディアパートナーズ   メディア環境研究所 所長 吉川昌孝 氏

スマートフォンが生活のあらゆる場面に入り込んできて、生活全体を細切れにし、生活者のハレも瞬間的になってきた。そう語るのは、博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所所長の吉川昌孝氏だ。ハレの瞬間化は広告コミュニケーションにどういう影……

2016年10・11月号 特集

おお、紙よ!

紙とは何だろうか。石版、粘土板、羊皮紙、数々のライバルを退け、紙は情報を書き記し、伝えるメディアとなった。印刷技術によって、その伝播力はさらに拡大され、新聞、雑誌、ポスター、チラシとさまざまな紙メディアを生んできた。そして、今、その本質的価値は電子ペーパーへ受け継がれようとしている。さまざまな角度から「今、紙とは何か」を改めて問う。

紙の代替財を狙う電子ペーパーの野望

産業技術総合研究所 フレキシブルエレクトロニクス研究センター長  筑波大学大学院数理物質科学研究科 教授 鎌田俊英 氏

「電子ペーパー」とは、世界中の企業や研究機関が熾烈な開発競争を繰り広げている次世代ディスプレーのこと。そのトップを走っているのが産業技術総合研究所フレキシブルエレクトロニクス研究センターだ。電子ペーパーの開発はどこまで進んでいるのか。タブレ……

紙をテーマにしたクリエイティブをしよう

博報堂 MDビジネスインキュベーション局 梅村チーム アートディレクター 岡室 健 氏

広告会社のアートディレクターの中で、紙メディアの可能性に積極的に取り組んでいるのが、博報堂の岡室健氏だ。岡室氏のユニークなところは、表現にとどまらず、最新のテクノロジーを積極的に取り入れ、紙の新たな使い方を広げていこうとしていることだ。そこ……

多品種少量生産で人の感覚に訴える

株式会社竹尾 企画部 部長 青柳晃一 氏

竹尾は、ファインペーパーと呼ばれる特殊印刷用紙の企画・販売を中心に活躍する紙の専門商社だ。新しい紙を世に送り出すだけでなく、紙をめぐるさまざまなテーマで紙の可能性を探る展示などにも積極的に取り組んでいる。企画部部長の青柳晃一氏に、紙の現状と……

「紙」は知識を定着させるインターフェイス

東京大学名誉教授 日本印刷学会元会長 尾鍋史彦 氏

紙メディアや電波メディアなど既存メディアがすべて電子メディアに置き換わることはない、という意見に異を唱える人は少ないだろう。それでは、電子メディアと紙メディアの違いとは何だろうか。紙メディアだからできることは何なのか。それを認知科学の観点か……

2016年8・9月号 特集

オウンドメディアは問いかける

企業サイトやキャンペーンサイトのように自社で所有して情報発信する「オウンド(Owned)メディア」が注目されるようになって久しい。企業が自らメディアを持ち発信すること自体が目的だった黎明期から、運用することの難しさに直面した発展期を経て、企業の本気を伝えるメディアという新たなフェーズに向かいつつある。広告会社、大学、BtoC企業、BtoB企業、それぞれの取り組みを取材した。

オウンドメディアは課題解決のための手段

電通 ビジネス・クリエーション・センター 事業コンサルティング2部 コミュニケーション・デザイナー 廣田周作 氏

電通は1946年から広告業界のニュースを伝えるタブロイド判の「電通報」を隔週で発行してきたが、2013年10月から月刊化し、同時に「ウェブ電通報」をオープンした。この「ウェブ電通報」だけでなく、電通総研の「COTAS」、クレディセゾンの「S……

紙とWebで考え方が違う大学のオウンドメディア

早稲田大学商学学術院教授  広報室長 恩藏直人 氏

早稲田大学は、YOMIURI ONLINEとタイアップした「WASEDA ONLINE」を運営してきた。今年4月からは学生向け広報誌『早稲田ウィークリー』をWebに移行している。その一方で、『早稲田学報』『CAMPUS NOW』といった紙媒……

サイボウズが「サイボウズ式」を始めた理由

サイボウズ ビジネスマーケティング本部 コーポレートブランディング部 サイボウズ式編集長 藤村能光 氏

グループウェアの開発・販売・運用を行うサイボウズ。ワークスタイルの革新に取り組む会社としても知られるようになったが、その認知拡大に重要な役割を果たしてきたのが同社の運営する「サイボウズ式」だ。BtoB企業が展開するオウンドメディアの狙いを編……

モノからコトへ ワコールを お客様の「ふだん」に定着させる

ワコール 総合企画室 広報・宣伝部 WEB・CRM企画課課長 松本禎之 氏

ブランドサイトや通販サイト以外のオウンドメディアに10数年前から取り組んできたのがワコールだ。Webサイトの数は2桁にのぼる。その狙いは、お客様の「ふだん」に、どれだけワコールというブランドを取り入れていただくかだという。オウンドメディアの……

News & Report

〈No.849 リーディングトレンド〉

月末の金曜日に退社時間を早める「プレミアムフライデー」が、いよいよスタートする。午後3時に退社し、余暇を楽しんでもらおうという取り組みは、クールビズのように新たなビジネススタイル、ライフスタイルとして定着し、ビジネスチャンスとなることを目指している。

〈No.849 ojo interview〉

砥川 直大さん(アサツー ディ・ケイ クリエイティブディレクター)

〈No.849 読み解き読者調査〉

新製品からロングセラーまで商品が多彩な食品ですが、生活者はその銘柄をどのように選んでいるのでしょうか。銘柄の選定状況や理由、食品ジャンル別の購入パターンを調べました。

インタビュー

第一三共ヘルスケア
小さな広告シリーズ500回記念で全面広告を掲載 4コマ漫画下の小枠広告の継続の力を実感