AD REVIW

2015年にヒットするのはこれだ! 新聞広告に見るヒットの予感

2015年が幕を開け、お正月の新聞広告には今年にかける各企業の取り組みや意気込みを発信する広告が多く見受けられました。昨年末から2015年の幕開けを飾った新聞広告を読み解いて、今年ヒットが予想される商品・サービスを紹介します。

トヨタ自動車 2014年12月14日 朝刊

次世代エコカー 「プリウスPHV」

トヨタ自動車

読者の声

 ガソリン代の高騰で今年我が家もハイブリッド車に乗り換えたところです。今すぐではないですが、次の購入はPHVや燃料電池自動車かなと、この広告を見ながら考えていました。こういう広告を見ると、何か気分がうきうきして楽しい感じになります。
男性50代

 これはテレビで見た時から興味を持っていました。あらためて、日本の技術の高さに感心しました。明るい話題でいいですね。
女性60代

 技術革新のすごさと今後の環境づくりのメッセージを感じた。
女性60代

メモ

トヨタは昨年12月、水素を燃料とする燃料電池自動車「MIRAI(ミライ)」を一般発売した。将来的に次世代エコカーの一翼を担うことを期待されている中、現在、その使い勝手やさらなる普及も見据え、次世代エコカーの主流と言われているのが“充電プリウス”こと「プリウスPHV」だ。プリウスPHVはプリウスと比べ、EV走行距離は10倍以上の26.4kmであるため、近距離の買い物や通勤ならEVモードでカバーできる。今年、車を買い替える予定のドライバーの選択肢からプリウスPHVは外せない。

※読者コメントは、新聞広告共通調査プラットフォームJ-MONITORのモニターから協力を得ています。