AD REVIW

ニッポン企業の「すごい!」を伝える新聞広告

世界で評価される日本企業の製品や技術、サービス。新聞広告は日本企業の様々な「すごい」を伝えています。広告に対する読者のコメントには、「日本の技術はすごい」「誇りに思う」など、ブランド形成に効果があると思われる回答が多数ありました。4月から8月に掲載された広告の中から、一部を紹介します。

片倉工業 2014年6月23日 朝刊

富岡製糸場を操業停止後も維持 世界遺産登録に貢献

片倉工業

読者の声

 審査員に奇跡だとまで言わせたほどに保存状態が良く、世界遺産になったことは日本の誇りです。
男性60代

 今日まで残り、世界遺産登録できたのは、片倉工業が社費で維持したおかげ。これぞ一企業の英断、心意気です。
男性60代

メモ

今年6月、ユネスコの世界文化遺産に登録された富岡製糸場。1939年から製糸場の運営を担った片倉工業は1987年に操業を停止した後も「売らない、貸さない、壊さない」の3原則を掲げ、2005年に富岡市に移管するまで、多額の費用をかけて維持管理を続けました。明治初期に建てられた主要建築物がほぼ完全な形で残っていることが世界遺産登録の一因とされています。

※読者コメントは、新聞広告共通調査プラットフォームJ-MONITORのモニターから協力を得ています。