AD REVIW

制作者の略称=CD(クリエイティブディレクター)、AD(アートディレクター)、C(コピーライター)、D(デザイナー)、P(写真)

全日本空輸 2010年9月25日 朝刊

全日本空輸
CD:
池田雅俊(池田雅俊事務所)
永田大典(電通)
AD:
渡邊健児(オーエスエル)
C:
岩崎俊一(岩崎俊一事務所)
多田秀彰(電通)
D:
渡邊健児(オーエスエル)
P:
全日本空輸 所蔵写真
制作:
電通/池田雅俊事務所/オーエスエル

広告主の声

 たった2機のヘリコプターから出発した、小さな純民間航空会社。それが、私たちANAのはじまりでした。創業以来58年間、さまざまな困難に出会い、数えきれないほどの苦労がありました。それでも、創業時の志を忘れることなく、私たちが今日まで走り続けてこられたのは、何よりも、多くのお客様が応援してくださったからです。だからこそ、この厳しい時代に立ち向かう一人ひとりの、いっそう頼もしい味方でありたいと、私たちは願っています。そんな、感謝と決意を新たにした、ANAの心からのメッセージです。

 修練を繰り返し、技術や身体・精神をしっかりしたものにすること(鍛えること)が「企業」においても肝要であることを肝に銘じておきたい、との思いをコピーの「きたえた翼は、強い。」に込めています。

 お客様から、「ボディーコピーに自分の人生を重ねた」「この広告に勇気をもらいました」「夢を失わないことの大切さを思い出しました」など、多くの激励の言葉をいただきました。


(営業推進本部宣伝部)

読者の声

 「きたえた翼は、強い。」というコピーは安全性や信頼性を感じさせるものだと思います。歴史観も感じ、今後に期待できる内容でした。男性30代

 ANAの歴史が、よくわかる広告だ。これからもますますの発展とサービス向上に努めてほしい。気持ちの良い広告。
男性50代

 大企業であるANAが初めは2機のヘリコプターからと知り、驚きました。インパクトが強いと思います。この企業であれば信頼できると思わせてもらえる広告でした。
女性20代