adv.yomiuri 読売新聞広告局ポータルサイト

ぎんさんの娘さんお二人を起用した
ダスキンの大型企業広告が話題に

『人生100年時代に、100番、100番。』のキャッチコピーで、(株)ダスキンの大型新聞広告(二連版多色)が2018年3月18日付朝刊で本紙を始め、全国紙・地方紙合計51紙に掲載された。

TVCMにかつて登場し、一躍話題となった“きんさん・ぎんさん”のぎんさんの娘、千多代さん(今年100歳)と美根代さん(現在94歳)が出演するダスキンの企業広告だ。※年齢は掲載時のもの。

二人の撮影を手掛けたのは、著名写真家、篠山紀信氏。過去にきんさん・ぎんさんも撮影したことがある篠山氏は、「日本をダスキンと一緒に元気にしたい」と撮影依頼を快諾したという。1991年にきんさん・ぎんさんのTVCMを撮影したのと同じ場所で、広告の写真は撮影された。かつては元気に100歳を迎えることは珍しく、当時、双子のきんさん・ぎんさんは注目の人となった。しかし、今は人生100年時代。「やっと時代が追いついた」と千多代さん・美根代さんは話す。広告には、100歳に近いとは到底思えない生き生きとした笑顔が並んでいる。

2018年11月に創業55周年を迎えるダスキンの広報担当者は、「元気な100歳が珍しかった時代から、長い人生をさまざまに生きる時代に変わった今、幅広い年代の多様なライフスタイルのお客様に寄り添った商品やサービスを提供していきたい」と、企業広告の意図を語っている。

あわせて読みたい記事
広告事例紹介

Page Top