adv.yomiuri 読売新聞広告局ポータルサイト

読売×松竹が企業映像制作「タイムライン」を開始

読売新聞社と松竹グループは7月6日、企業紹介映像の制作サービス「タイムライン」をスタートしました。1874年創刊の読売新聞の膨大な記事や写真、映像を活用し、企業や商品の歴史を時代背景とともに紹介する映像を、映画で培われた松竹グループの高い技術で制作します。制作プロデュースを松竹ナビ、映像制作を松竹映像センターが担当します。

新サービスは、SNSのタイムラインのように時系列で分かりやすく紹介する内容が特長で、企業のホームページや動画サイトでの公開を想定しています。制作した画像を活用した新聞広告を読売新聞に掲載することで、ネットと新聞媒体を連動させた幅広い層へアピールする広告展開も可能となります。

本編(15分間)と予告編(60秒)を制作する「定型プラン」と、長さや構成を自由に決められる「オーダーメイドプラン」があります。タレントなど著名人の出演依頼にも対応します。

問い合わせ:メール(t-timeline@yomiuri.com

本件問い合わせ先:読売新聞東京本社 広告局 企画営業部
TEL:03-3216-8796

Page Top