adv.yomiuri 読売新聞広告局ポータルサイト

広告料金の適用/広告料金表の表記について

広告料金の適用について

1. 基本料金

(1)1回の出稿が1段未満の記事下広告に適用します。ただし、この料金表に別料金が定められている広告(朝刊・一面出版規格料金、人事募集広告料金、小枠広告料金、案内広告料金等)は除きます。

(2)次の広告は基本料金を適用します。

  • ① 死亡広告
  • ②災害広告
  • ③政策広告および選挙広告
  • ④決算公告および増減資、株式、社債等に関する公告
  • ⑤有価証券および物件紛失等の公告
  • ⑥解雇および謝罪広告
  • ⑦その他、本社が広告内容を審査して、基本料金の適用が相当であると判断したもの
2. 記事下契約料金

(1)1回の出稿が1段以上の記事下広告に適用します。ただし、この料金表に別料金が定められている広告(基本料金、人事募集広告料金等)は除きます。

(2)契約は6か月の合計段数とします。

(3)契約期間中に契約段数の増加があった場合は、申し出があって契約を更改した月から、その段数に対応する料金を適用します。

(4)契約期間中に契約段数の減少があった場合は、契約時にさかのぼって契約を更改し、その段数に対応する料金を適用します。

3. 契約広告中の別料金

契約広告に、契約と異なる内容が含まれている場合には、その部分に、その内容に対応する別料金を適用します。

4.「夕刊+統合」料金

掲載が「夕刊+統合」となる場合は、各本社の朝刊(全地域)の料金に対して、東京は95.3%、大阪は90.0%、西部は70.0%とします。

5. 日曜版よみほっと

日曜版よみほっとは本紙に準じます。

広告料金表の表記

1. 料金表の構成

「読売新聞広告料金表」は、東京、大阪、西部の各本社と、東京本社に所属する北海道、北陸(富山県、石川県)、中部(愛知県、三重県、岐阜県)の3支社の料金で構成されています。

2. 広告の掲載範囲

(1)「全国」と「各本・支社」
全国の読売新聞に広告を掲載する場合は「全国通し」と表示のある欄を、各本・支社単位で広告を掲載する場合は、それぞれ「東京」「大阪」「西部」「北海道」「北陸」「中部」と表示している欄をご利用ください。

(2)朝刊と夕刊
朝刊(全地域)、朝刊(セット地域)、夕刊のように各料金表の表題等に掲載区分を表示してあります。なお、朝刊、夕刊の表示のないものは朝刊、朝刊で地域指定のないものは原則として朝刊(全地域)を表します。

3. 料金の表示単位

広告料金の表示単位は、広告の種類によって単価か総額かに分かれます。単位が共通の場合は表の右上に、異なる場合は表中にその区別を明示しました。単価表示の場合は「1行」「1cm×1段」「1段当たり」、総額表示の場合は「1枠」「1回当たり」のように表示してあります。

4. 記事下広告のサイズ

本紙記事下広告サイズは、新聞1ページの天地サイズ15段制に基づいて表示してあります。全幅は37.9cmです。

5. 小枠広告のサイズ

本紙小枠広告のサイズは原稿制作サイズ(刷り寸)、および左右cm×天地cmの順で表示してあります。

6. 広告料金の内容

広告料金には、広告原稿の制作費は含まれていません。
広告料金には消費税は含まれていません。

Page Top