バックナンバー 2006.4 - 2007.3
バックナンバーをご希望の方は、以下までお問い合わせください。(在庫が少ないものもあります)
読売新聞社広告局マーケティング部 TEL 03-3216-7796 E-mail: ojo@yomiuri.com
●2007.3 Vol.9-No.12
・特集 Googleと広告のこれから

3月号表紙
・ojo interview 大宮エリー氏
映画監督・脚本家

・こちら宣伝倶楽部
「説得広告」と「印象広告」
三田村和彦 三田村和彦企画事務所

・経済を読み解く 芸術と文化と経済と
小村智宏 未来経済研究室

・CURRENT REPORT 南信州の地域に根ざし“神の食べ物”を広く世界へ
ケフィア・アグリ

・新聞広告の色彩学 時変わり新しい色来たるとき
小町谷朝生 文星芸術大学

・AD FILES SRI(社会的責任投資)という取り組みへの決意を表明
ジェイ・ブリッジ


前日夕刊で期待感を高め“人生を変える”ニュースを発表
ランコム

・Creativeが
生まれる場所
岡野敏之氏
電通 コピーライター

・Cross Mediaの必然性 クロスメディアプランナーの養成
横山隆治 ADKインタラクティブCOO

・pick up AdVoice ウィンドウズ ビスタ発売の盛り上がりに新聞広告も効果発揮
<NewYork> M&Aツールとしての新聞広告
國谷一樹・ニューヨーク駐在

<London> ギネス広告「新聞回帰」の仕掛け人
池上吉典・ロンドン駐在

・立ち読み広告 時代小説と文庫書き下ろし。
永江 朗 フリーライター

■読売新聞の販売部数(1月)

●2007.1・2 Vol.9-No.10・11
・特集 2007 クリエイティブが変える新聞広告

1・2月号表紙
・こちら宣伝倶楽部
さあ「新聞広告」の年だ
三田村和彦 三田村和彦企画事務所

・経済を読み解く 2007年の世界地図
小村智宏 未来経済研究室

・CURRENT REPORT 薄型テレビの売り上げ増に合わせCS放送 加入千五百万件を目指すへ
衛星放送協会

・新聞広告の色彩学 のこんの色どり
小町谷朝生 文星芸術大学

・AD FILES 身近な事例を通じてIT課題の解決役をアピール
日本ヒューレット・パッカード

・Creativeが
生まれる場所
石川英嗣氏
クリエイティブディレクター/コピーライター

・Cross Mediaの必然性 クロスメディアからクロスコミュニケーションへ(3)
〜 エンゲージメントとレレバンシー
横山隆治 ADKインタラクティブCOO

・pick up AdVoice タイムリーな2日連続掲載で読者を引き付けた「エアバス A380」の広告
<NewYork> ローカル市場に進出したヤフーの戦略
國谷一樹・ニューヨーク駐在

<London> ジャンクフードCMの消える日
池上吉典・ロンドン駐在

・立ち読み広告 読み聞かせの虜は、子どもより大人のほう?
永江 朗 フリーライター

■読売新聞の販売部数(11月)

●2006.12 Vol.9-No.9
・特集 インターネットの現在、広告のこれから

11月号表紙
・ojo interview 川口清勝(せいじょ)氏
TUGBOAT アートディレクター

・こちら宣伝倶楽部
広告の内部効果をたかめる
三田村和彦 三田村和彦企画事務所

・経済を読み解く 株式市場のリアリティー
小村智宏 未来経済研究室

・CURRENT REPORT ユニークな商品展開で世界の女性に支持されるブランドへ
青山キャピタル

・新聞広告の色彩学 秋たけなわに色はさまざま
小町谷朝生 文星芸術大学

・AD FILES スポーツ塾を通じて、「ザバス」ブランドの理解を広げる
明治製菓


「グッドアクセス」な百貨店へ新スローガンを新聞で宣言
小田急百貨店
・pick up AdVoice 「食育」活動まで広く支持されたキッコーマン
・Creativeが
生まれる場所
本角雄一郎氏
TBWA\HAKUHODO コピーライター

・Cross Mediaの必然性 クロスメディアからクロスコミュニケーションへ(2)
横山隆治 ADKインタラクティブCOO

・よみラボ 新聞広告の効果とは? 効果指標について改めて考える
<NewYork> グーグル、新聞広告を仲介
國谷一樹・ニューヨーク駐在

<London> 人気を博する図鑑付録
池上吉典・ロンドン駐在

・立ち読み広告 大好きなあの人にも、「読ませ大賞」。
永江 朗 フリーライター

団塊世代とメディア─「団塊世代調査」から
■読売新聞の販売部数(10月)

●2006.11 Vol.9-No.8
・特集 クリエイターにとっての新聞広告

11月号表紙
・ojo interview 森本千絵氏
博報堂クリエイティブ・ヴォックス アートディレクター

・pick up AdVoice ニュース性と社会的関心が注目率を高めた、“吉野家牛丼復活”の広告
・CURRENT REPORT 語学教育と健康管理を通じ紳士服製造・販売に付加価値
青山キャピタル

・新聞広告の色彩学 秋は遊びと色が語る
小町谷朝生 文星芸術大学

・AD FILES カップヌードル35周年の「その先」 企業としての宣言は新聞広告で
日清食品
・Creativeが
生まれる場所
高田豊造氏
博報堂 コピーライター/CMプランナー

・Cross Mediaの必然性 クロスメディアからクロスコミュニケーションへ(1)
横山隆治 ADKインタラクティブCOO

・こちら宣伝倶楽部
「お詫び広告」と「企業広告」の関係
三田村和彦 三田村和彦企画事務所

・経済を読み解く 「教育」のフレームワーク
小村智宏 未来経済研究室

<NewYork> トリビューン再編とメディアの信頼性
國谷一樹・ニューヨーク駐在

<London> 創刊ラッシュ 無料夕刊紙の将来性は
池上吉典・ロンドン駐在

・立ち読み広告 「オススメ読書」は、書店員が知っている。
永江 朗 フリーライター

面別接触率トピックス
新聞印刷StepUp講座
■読売新聞の販売部数(9月)

●2006.10 Vol.9-No.7
・特集 新聞5紙共同企画「新聞広告の力」
Web2.0時代に生きる新聞広告
ー変わる購買プロセスと広告キャンペーンー


10月号表紙
・ojo interview 藤田明久氏
ディーツー コミュニケーションズ(D2C) 代表取締役社長

・pick up AdVoice 旭化成ホームズのクロスメディア効果〜2回の全面広告出稿とテレビCM〜
・CURRENT REPORT 「おいしさ」と「機能性」を追求し飼い主とペットに選ばれるブランドを提供
マスターフーズ リミテッド

・新聞広告の色彩学 色彩は心理学
小町谷朝生 文星芸術大学

・AD FILES 勝利の喜びと感謝の思いを伝えた二連版カラー広告
本田技研工業
・Creativeが
生まれる場所
中村 禎氏
電通 クリエーティブディレクター

・Cross Mediaの必然性 マーケティングメッセージのリレー効果
横山隆治 ADKインタラクティブCOO

・こちら宣伝倶楽部
しっかり説明できる商品は売れる
三田村和彦 三田村和彦企画事務所

・経済を読み解く 企業による企業の買収
小村智宏 未来経済研究室

<NewYork> 今、注目を集めるポッドキャスト
國谷一樹・ニューヨーク駐在

<London> 未遂であれば問題なし
池上吉典・ロンドン駐在

・立ち読み広告 「読みかけの名作」を、今こそ読破する時。
永江 朗 フリーライター

■読売新聞の販売部数(8月)

●2006.9 Vol.9-No.6
・特集 今、なぜ、企業広告なのか?

9月号表紙
・ojo interview 大島征夫氏
クリエーティブディレクター

・pick up AdVoice 企業広告の効果を読者の反響から分析
・CURRENT REPORT 普通の生活をしてきた人々が普通で幸せな老後を送るために
ワタミの介護

・新聞広告の色彩学 自然な青が夏の色
小町谷朝生 文星芸術大学

・AD FILES 日本社会全体と“家族のような関係”に
日本サムスン
・Creativeが
生まれる場所
山中貴裕氏
大広 コピーライター

・Cross Mediaの必然性 「全体最適化」の考え方
横山隆治 ADKインタラクティブCOO

・こちら宣伝倶楽部
夕刊の再生と広告の機会
三田村和彦 三田村和彦企画事務所

・経済を読み解く IT革命、再び
小村智宏 未来経済研究室

<NewYork> WSJ、変革のとき
國谷一樹・ニューヨーク駐在

<London> 広告会社、合従連衡の効果は?
池上吉典・ロンドン駐在

・立ち読み広告 驚愕のコラボレーション、ここに誕生!!
永江 朗 フリーライター

■読売新聞の販売部数(7月)

●2006.7・8 Vol.9-No.4・5
・特集 ここまで来たIMCプランニング

7・8月号表紙
・ojo interview 本城直季氏
フォトグラファー

・pick up AdVoice 「関心度」「印象度」「理解度」「好感度」からわかる読者の広告評価
・CURRENT REPORT セキュリティーを意識させずに安心・安全なネット環境を提供
シマンテック

・新聞広告の色彩学 さてもさわやかにそして大胆に
小町谷朝生 文星芸術大学

・AD FILES 伝統を越える革新性のために
三越
・Creativeが
生まれる場所
前田知巳氏
コピーライター

・Cross Mediaの必然性 「広義のクロスメディア」と「狭義のクロスメディア」
横山隆治 ADKインタラクティブCOO

・こちら宣伝倶楽部
広告をよくするための6ツの「P」と2ツの「S」
三田村和彦 三田村和彦企画事務所

・経済を読み解く 金融時代の予兆
小村智宏 未来経済研究室

<NewYork> 新聞社の幅広い「会員制サービス」
元林雅俊・ニューヨーク駐在

<London> 「RED」
池上吉典・ロンドン駐在

・立ち読み広告 誰がために絵本は買われる!?
永江 朗 フリーライター

■読売新聞の販売部数(5月)

●2006.6 Vol.9-No.3
・特集 クロスメディアの効果を測る

6月号表紙
・ojo interview 野尻大作氏
ground LLC アート・ディレクター

・pick up AdVoice 日興コーディアル證券の広告が高い注目率を得た理由
・CURRENT REPORT 徹底的なセルフサービスの導入で安価で高品質な家具を提供
イケア・ジャパン

・新聞広告の色彩学 単純色は明確提言
小町谷朝生 文星芸術大学

・AD FILES “まじめ”から“エレガント”へ大胆なデザイン転換を表現
フォルクスワーゲン グループ ジャパン
・Creativeが
生まれる場所
秋山晶氏
ライトパブリシテイ 代表取締役会長 コピーライター

・Cross Mediaの必然性 クロスメディアの効果実証
横山隆治 D.A.コンソーシアム(株) 代表取締役副社長

・こちら宣伝倶楽部
テレビCMでは伝わりにくいこと
三田村和彦 三田村和彦企画事務所

・経済を読み解く 感動消費の市場構造
小村智宏 未来経済研究室

<NewYork> 教育と新聞、若年読者獲得への地道な努力
元林雅俊・ニューヨーク駐在

<London> 夕方のロンドンで起こっていること
池上吉典・ロンドン駐在

・立ち読み広告 読書週間は、読書習慣をつくる。
永江 朗 フリーライター

■読売新聞の販売部数(4月)

●2006.5 Vol.9-No.2
・特集 本を動かす。

5月号表紙
・ojo interview 国井美果氏
ライトパブリシテイ コピーライター

・pick up AdVoice NTTドコモの3広告 反応の違い
・CURRENT REPORT 企業の赤字保養所を活用し格安なリゾートホテルを実現
四季リゾーツ

・新聞広告の色彩学 色も形も花ぞ満開
小町谷朝生 文星芸術大学

・AD FILES スポーツ文化を未来へ受けつぐ創業100年のメッセージ
ミズノ


ストーリー化したシリーズ広告で「モノづくり」への思いを伝達
ソニーマーケティング

・Creativeが
生まれる場所
澤本嘉光氏
電通 クリエーティブディレクター/CMプランナー

・Cross Mediaの必然性 クロスメディアの効果実証
横山隆治 D.A.コンソーシアム(株) 代表取締役副社長

・こちら宣伝倶楽部
宣伝部の信頼回復への15のガイドライン
三田村和彦 三田村和彦企画事務所

・経済を読み解く 「豊かさ」の方向性
小村智宏 未来経済研究室

<NewYork> 新聞広告の魅力を再発見する
元林雅俊・ニューヨーク駐在

<London> 英語が生み出す利益
池上吉典・ロンドン駐在

・立ち読み広告 我、「挫折しない講座」を所望す。
永江 朗 フリーライター

■読売新聞の販売部数(3月)

●2006.4 Vol.9-No.1
・特集 クロスメディアをどう発想するか

4月号表紙
・ojo interview 青木克憲氏
バタフライ・ストローク・株式會社 代表取締役

・pick up AdVoice 2005年度読者に注目された広告
・CURRENT REPORT 創薬を通じてグローバル企業へ 「祈り」に込めた経営統合の思い
第一三共

・新聞広告の色彩学 光が春をはこぶ
小町谷朝生 文星芸術大学

・AD FILES 「人財」九百人の笑顔で六十周年の感謝を明るく表現
大明


話題呼んだ「折り紙仕立て」接触増に狙いを絞って好反響
大塚製薬

・Creativeが
生まれる場所
藤井淳志氏
博報堂 第一クリエイティブセンター 第一制作室 シニアクリエイティブディレクター

・Cross Mediaの必然性 クロスメディアの必然性と前提
横山隆治 D.A.コンソーシアム(株) 代表取締役副社長

・こちら宣伝倶楽部
広告担当役員への十五のお願い
三田村和彦 三田村和彦企画事務所

・経済を読み解く 日本経済「成熟期」の迎え方
小村智宏 未来経済研究室

<NewYork> 青少年の肥満と広告
元林雅俊・ニューヨーク駐在

<London> 逃げる案内を追う新聞
池上吉典・ロンドン駐在

・立ち読み広告 本は本のスペシャリストに聞け。
永江 朗 フリーライター

■第22回読売広告大賞決まる
■読売新聞 4月紙面刷新のおしらせ
■読売新聞の販売部数(2月)
もどる