adv.yomiuriトップページへ

MENU

  • ojoトップ
  • adv.yomiuriトップページへ

ojoトップ  > 特集  > 保健機能食品についての基礎知識

特集売れている商品はどう新聞広告を使っているか ―健康志向の食品 3つの事例―

(Mon Feb 06 10:00:00 JST 2017/No.849 特集)

保健機能食品についての基礎知識

食品の目的や機能の違いによって、3つに分けられる「保健機能食品」の特徴をまとめた。

  口から摂取するもので、医薬品(医薬部外品を含む)、再生医療等製品以外のものはすべて「食品」に該当する。「健康食品」に法律上の定義はないが、一般的には「食品」の中で、健康を保持増進する食品として販売・利用されるもの全般をいう。
  この「健康食品」のうち、国が定めた安全性や有効性の基準を満たしたものが「保健機能食品」。それ以外のものを「いわゆる『健康食品』」という。「保健機能食品」は食品の目的や機能の違いによって、「特定保健用食品(トクホ)」「栄養機能食品」「機能性表示食品」の3つに分けられる。
  「保健機能食品」「いわゆる『健康食品』」とも、医薬品と誤認されるような効能効果は表示できないが、「保健機能食品」は、定められた内容の機能を表示することができる。

● 特定保健用食品(トクホ)

  1991年に制度発足。健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「コレステロールの吸収を抑える」などの表示が許可されている食品。表示されている効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可する。ヒト試験が必須であるため、許可手続きに時間と費用がかる。

● 栄養機能食品

  2001年に制度発足。一日に必要な栄養成分(ビタミン、ミネラルなど)が不足しがちな場合、その補給・補完のために利用できる食品。すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量含む食品であれば、特に届け出などをしなくても、国が定めた表現によって機能性を表示することができる。ただし、対象が5ミネラル、12ビタミンに限られている。

● 機能性表示食品

  2015年に新設。事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などを消費者庁長官へ届け出ればよく、消費者庁長官の個別の許可は必要ない。

News & Report

〈No.849 リーディングトレンド〉

月末の金曜日に退社時間を早める「プレミアムフライデー」が、いよいよスタートする。午後3時に退社し、余暇を楽しんでもらおうという取り組みは、クールビズのように新たなビジネススタイル、ライフスタイルとして定着し、ビジネスチャンスとなることを目指している。

〈No.849 ojo interview〉

砥川 直大さん(アサツー ディ・ケイ クリエイティブディレクター)

〈No.849 読み解き読者調査〉

新製品からロングセラーまで商品が多彩な食品ですが、生活者はその銘柄をどのように選んでいるのでしょうか。銘柄の選定状況や理由、食品ジャンル別の購入パターンを調べました。

インタビュー

第一三共ヘルスケア
小さな広告シリーズ500回記念で全面広告を掲載 4コマ漫画下の小枠広告の継続の力を実感