adv.yomiuri 読売新聞広告局ポータルサイト

いざ、ブランドスタジオ。 ── 事例(Ⅰ)

パンをくわえて走る「JK」 紙面の“仕掛け”も大反響
「超熟の日」推定リーチ人数419万人に

敷島製パン(Pasco)

photo

左/敷島製パン株式会社 マーケティング部 販売促進グループ マネージャー 池井戸悟氏
右/敷島製パン株式会社 マーケティング部 販売促進グループ チーフ 伊藤公則氏

発売20周年「活字+SNS」に挑戦

もちもちとした食感だけでなく、しっとりとした食感もあわせ持つ、敷島製パンの「超熟」。「クラスト(みみ)までおいしく食べられる」食パンとして、大人から子どもまで幅広い層で支持され、10 年連続シェアNo.1※を誇る。
※インテージ・SCIデータ「食パン」全国市場における2010 年4月~2019 年2月のブランドシェア(金額ベース)

同社は、「超熟」の発売日にあたる10 月1 日を、発売から20 周年となる2018 年に「超熟の日」(一般社団法人日本記念日協会制定)と定め、同日付で読売新聞全国版に全面広告を掲載した。

パンをくわえて走る女子高校生のイラストの脇に添えられたキャッチコピー。

「パンだって、走らなくちゃ。」

それまでの同社の広告から大きくかけ離れた突然の「JK 疾走」は、掲載直後からツイッターなどのSNS で広く拡散され、読売新聞が行っているツイッター分析「よみバズ」によると、2 日間で2985 件のツイート数(リツイート含む)を計測し、推定リーチ人数は419 万人に達した。

同社マーケティング部販売促進グループチーフの伊藤公則さんは、その反響の大きさについて、こう話す。

「20周年という大きな節目を迎えるにあたり、お客様への感謝と今後お約束していきたいメッセージを活字で伝えたいという思いがまずありました。ただ一方で、新聞を読んだ人にしか伝わらない広告では意味がなく、特に次世代を担う若者層へのリーチを課題にしていました。結果、期待を上回る反響で驚きました」

YOMIURI BRAND STUDIO(YBS)から同社に最初の提案があったのは、同年4月のことだった。コンセプトの開発からコミュニケーション設計、コピーやクリエイティブを含めた統合的な提案を複数回行い、最終的に今回のプランに決まったのが9月の上旬、掲載ぎりぎりのタイミングだった。

同グループマネージャーの池井戸悟さんは、その時の様子をこう語る。

「YBSから提案のあった数案を伊藤から示されたのですが、その中で、『パンをくわえる女子高生』の案が最も輝いて見えました。聞くと、伊藤も同じだと。『これだ』と思い早々に進めていきましたが、僕たち2人では、この女子高生、ライトノベルの『弱キャラ友崎くん』(屋久ユウキ作)に出てくる『みみみちゃん』にどれだけの知名度があるのか、わかりません。高校2年の息子に聞くと『友達も知っているし、人気あるよ!』と言うので、それでようやく自信が持てました(笑)」

YBSの提案企画書

YBSの提案企画書

超熟のミニチュアスクイーズ

超熟のミニチュアスクイーズ

今後もオンリーワンの提案に期待

2018年10月1日 朝刊

2018年10月1日 朝刊

社外のみならず、社内での反響も大きかった。

「特に若い人たちを中心に、『すごいね』『よく通したね』と言われました。来年創業100周年を迎える、歴史のある会社なのですが、どこか守りに入っていた部分があるのかもしれません。今回の広告をきっかけに、何か新しいことが出来るのではないかという雰囲気が社内に生まれたのは、思ってもいない効果でした」(池井戸さん)

イラスト下に小さな文字で書かれた「これはあくまで広告上の表現です。パンは急がずゆっくりお召し上がりください。」の注意書きや、みみみちゃんの通学バッグにさりげなく付けられた「超熟」のミニチュアスクイーズといった、ちょっと気の利いた仕掛けもSNS上で話題となった。特に12 月にカプセルトイとして販売されたミニチュアスクイーズは、売り切れ店が続出し、いまでも専門検索サイトで上位にランキングされるほどの人気だ。

伊藤さんは、YBSの評価と今後への期待を次のように語った。

「パンをくわえて走るというシーンは、漫画の世界における定番というか、いわゆる王道のシーンではないですか。シェアNo.1の超熟のイメージと重なるものがあり、超熟の価値観、存在感を十分に踏まえた、商品に寄り添ったご提案で、ありがたいと感じると同時に、高く評価させていただきました。あと、『よみバズ』で効果が測定できるというのも、決め手の一つでした。それまでは、広告の効果が測れないというのが、出稿する側の最大の悩みでしたから。

今後、YBSには、新聞広告で培った、われわれが知りえないノウハウを存分に活用していただき、オンリーワンの提案に取り組んでもらえればと期待しています」

敷島製パン「超熟の日」のツイッター分析

過去のコーナーアーカイブ

関連する記事

  • 企業メッセージを元旦に伝えることの意味(三越伊勢丹)
    ojo〈オッホ〉
    企業メッセージを元旦に伝えることの意味(三越伊勢丹)
    リンク
  • [海外企業]「世界最高の時計を作る」(パテック フィリップ)
    ojo〈オッホ〉
    [海外企業]「世界最高の時計を作る」(パテック フィリップ)
    リンク
  • [アメリカオウンドメディア事情]企業のメディア化は、本業メディ…
    ojo〈オッホ〉
    [アメリカオウンドメディア事情]企業のメディア化は、本業メディ…
    リンク
  • 読売新聞と松竹による社史動画制作事業「TIMELINE」
    広告NEWS
    読売新聞と松竹による社史動画制作事業「TIMELINE」
    リンク
  • BtoB企業こそ「周年」を活用すべき(寄稿・船井総合研究所)
    ojo〈オッホ〉
    BtoB企業こそ「周年」を活用すべき(寄稿・船井総合研究所)
    リンク
  • [アジアオウンドメディア事情]生活シミュレーションで見せる未来…
    ojo〈オッホ〉
    [アジアオウンドメディア事情]生活シミュレーションで見せる未来…
    リンク
  • 知らなかった企業を知るきっかけになる、新聞の企業広告
    ojo〈オッホ〉
    知らなかった企業を知るきっかけになる、新聞の企業広告
    リンク
  • 紙とWebで考え方が違う大学のオウンドメディア(早稲田大学・恩藏氏)
    ojo〈オッホ〉
    紙とWebで考え方が違う大学のオウンドメディア(早稲田大学・恩藏氏)
    リンク

あわせて読みたい記事

  • 新聞→SNS拡散事例―「紙拡散」のきっかけはさまざま
    ojo〈オッホ〉
    新聞→SNS拡散事例―「紙拡散」のきっかけはさまざま
    リンク
  • [ハレを共有する]広告事例:「ハレの日」の広告
    広告事例
    [ハレを共有する]広告事例:「ハレの日」の広告
    リンク
  • 恵 megumi ガセリ菌SPヨーグルト:どう新聞広告を使っているか
    ojo〈オッホ〉
    恵 megumi ガセリ菌SPヨーグルト:どう新聞広告を使っているか
    リンク
  • 新聞は10代の新しいメディアになれるかもしれない(読売新聞東京本社)
    ojo〈オッホ〉
    新聞は10代の新しいメディアになれるかもしれない(読売新聞東京本社)
    リンク
  • 広告でランキングを上げてテレビやネットで拡散(静岡県焼津市)
    ojo〈オッホ〉
    広告でランキングを上げてテレビやネットで拡散(静岡県焼津市)
    リンク
  • 白い恋人の石屋製菓が読売新聞と北海道新聞に出したペア広告が話題に
    広告NEWS
    白い恋人の石屋製菓が読売新聞と北海道新聞に出したペア広告が話題に
    リンク
  • 「周年」その他のタイミングで生活者の認知度アップを図る
    広告事例
    「周年」その他のタイミングで生活者の認知度アップを図る
    リンク
  • [企画は現場に聞け]未来へ紡ぐリレープロジェクト
    広告事例
    [企画は現場に聞け]未来へ紡ぐリレープロジェクト
    リンク

広告事例紹介

  • 東急不動産(東急プラザ銀座オープン)
    広告事例
    東急不動産(東急プラザ銀座オープン)
    リンク
  • 三井不動産(関西エリア商業施設PR)
    広告事例
    三井不動産(関西エリア商業施設PR)
    リンク
  • 埼玉県浦和競馬組合(浦和競馬 テレ玉杯オーバルスプリント)
    広告事例
    埼玉県浦和競馬組合(浦和競馬 テレ玉杯オーバルスプリント)
    リンク
  • やなせたかし記念館アンパンマンミュージアム(やなせたかし記念館「やなせたかし文化賞」)
    広告事例
    やなせたかし記念館アンパンマンミュージアム(やなせたかし記念館「やなせたかし文化賞」)
    リンク
  • 大和ハウス工業
    広告事例
    大和ハウス工業
    リンク
  • 岩波書店(広辞苑 第七版 本日発売)
    広告事例
    岩波書店(広辞苑 第七版 本日発売)
    リンク
  • 住友林業(いそぐ日本に、「時間財」を。)
    広告事例
    住友林業(いそぐ日本に、「時間財」を。)
    リンク
  • ご当地タニタごはんコンテスト実行委員会(Sante! in 二子玉川2018 健康と食文化の祭典)
    広告事例
    ご当地タニタごはんコンテスト実行委員会(Sante! in 二子玉川2018 健康と食文化の祭典)
    リンク

ページトップへ