adv.yomiuriトップページへ

ojoトップ  > 好反響事例  > 明治「明治北海道十勝カマンベール」

好反響事例

(Mon Apr 06 10:00:00 JST 2015/2015年4・5月号 新聞広告の実力)

明治「明治北海道十勝カマンベール」

抽選で1000人に「ココットカマン」専用ココット皿2個セットとココットカマンレシピBOOK プレゼント

明治「明治北海道十勝カマンベール」

2014年12月18日 朝刊 〈18面〉

〈23面〉

広告内容 「ココットカマン」レシピの紹介
広告目的 ・ 「ココットカマン」の認知度アップ
・ 「十勝カマンベールチーズ」の販売増
媒体展開状況 読売新聞など全国紙

広告主からのコメント

明治 コミュニケーション本部 宣伝部 金子哲司氏

明治 コミュニケーション本部 宣伝部 金子哲司氏
──新聞広告を活用した狙いを教えてください。

 「ココットカマン」は、カマンベールチーズの新たな需要創出のために考案したレシピです。市場を活性化させるべく、2012年から取り組んでいます。その魅力を伝える上で、新聞広告の15段というスペースが有効的と考えました。画像を大きく使えるので、おいしそうなシズル感が伝わること、概要や商品の特長まで印象的かつ分かりやすく盛り込めることが、主なポイントです。

──クリエイティブ面で注力された点は。

 「ココットカマン」のシズルを大きく見せること、商品との相性の良さをしっかりと伝えること、の2点です。シズルカットは「ココットカマン」の魅力が最も伝わるので、15段のスペースを活かしできるだけ大きくみせました。また、「明治北海道十勝カマンベールがココットカマンにぴったり」である理由を明示することで、商品購買へとつながるように組み立てました。

──反響をどうみますか。

 「ココットカマン」専用ココット皿1000名様プレゼントに対し、1万5634件もの応募を頂き大変うれしく思います。想像をはるかに超えていました。「ココットカマン」のコンテンツ力と新聞の影響力を改めて感じました。

──今後の宣伝戦略の方針を聞かせてください。

 引き続き、「ココットカマン」の魅力を伝え普及させること、「ココットカマン」と「明治北海道十勝カマンベール」の親和性を伝えていくこと、の2点を推進していくつもりです。「ココットカマン」が多くの家庭で親しまれる定番レシピになってほしいと思います。

News & Report

〈No.849 リーディングトレンド〉

月末の金曜日に退社時間を早める「プレミアムフライデー」が、いよいよスタートする。午後3時に退社し、余暇を楽しんでもらおうという取り組みは、クールビズのように新たなビジネススタイル、ライフスタイルとして定着し、ビジネスチャンスとなることを目指している。

〈No.849 ojo interview〉

砥川 直大さん(アサツー ディ・ケイ クリエイティブディレクター)

〈No.849 読み解き読者調査〉

新製品からロングセラーまで商品が多彩な食品ですが、生活者はその銘柄をどのように選んでいるのでしょうか。銘柄の選定状況や理由、食品ジャンル別の購入パターンを調べました。

インタビュー

第一三共ヘルスケア
小さな広告シリーズ500回記念で全面広告を掲載 4コマ漫画下の小枠広告の継続の力を実感