adv.yomiuriトップページへ

ojoトップ  > 好反響事例  > 理研ビタミン

好反響事例

(Thu Jun 05 15:45:00 JST 2014/2014年6・7月号 新聞広告の実力)

理研ビタミン

ドレッシング「ごちそうマジック」をセットで100名にプレゼント

理研ビタミン

2014年3月1日 朝刊

広告内容 ドレッシングの商品紹介
広告目的 店頭でのドレッシングの販売促進
媒体展開状況 「ごちそうマジック」セットプレゼントは読売新聞単独掲載

広告主のコメント

理研ビタミン 家庭用食品営業本部営業推進部 井上与志也氏

理研ビタミン 家庭用食品営業本部営業推進部 井上与志也氏
──新聞広告を使った目的を教えてください。

 「ごちそうマジック」は2月に発売した当社初のオイル入りドレッシングです。野菜が苦手な方が興味を持っておいしく食べられるよう、プルコギ味やバター醤油(しょうゆ)などドレッシングとしては変わった味にしています。1989年からノンオイルドレッシングを販売してきた当社が、オイル入りドレッシングをお客様にお届けするこの思いをきっちりとお伝えしたいと考えました。3月1日に大手スーパーチェーンの店頭で販促活動を行うことになり、多くの方に商品を手にとっていただこうと当日付の紙面で掲載しました。

──クリエイティブ面で注力された点は。

 野菜が好きな方も苦手な方も、「ドレッシングをかけて野菜をたくさん食べてほしい」という願いを込め、サラダでいっぱいの紙面デザインにしました。上半分がワカメを使ったノンオイルサラダで、下半分は「ごちそうマジック」をかけたサラダです。

──反響をどうみていますか。

 「ごちそうマジック」セットのプレゼント(抽選で100名)のハガキの応募総数は2万857件に達し、当初予想を大きく上回りました。

──宣伝活動はどのように展開されますか。

 「ごちそうマジック」で野菜を食べてもらおうと、吉本興業のパパ芸人で“サラダ食べさせ隊”を結成し、10万人の試食を目標に活動しています。小売店店頭でのアピールにはテレビ、新聞、雑誌の各媒体の組み合わせで広告を出すほか、今年25周年のノンオイルでもキャンペーンを展開します。

News & Report

〈No.849 リーディングトレンド〉

月末の金曜日に退社時間を早める「プレミアムフライデー」が、いよいよスタートする。午後3時に退社し、余暇を楽しんでもらおうという取り組みは、クールビズのように新たなビジネススタイル、ライフスタイルとして定着し、ビジネスチャンスとなることを目指している。

〈No.849 ojo interview〉

砥川 直大さん(アサツー ディ・ケイ クリエイティブディレクター)

〈No.849 読み解き読者調査〉

新製品からロングセラーまで商品が多彩な食品ですが、生活者はその銘柄をどのように選んでいるのでしょうか。銘柄の選定状況や理由、食品ジャンル別の購入パターンを調べました。

インタビュー

第一三共ヘルスケア
小さな広告シリーズ500回記念で全面広告を掲載 4コマ漫画下の小枠広告の継続の力を実感