adv.yomiuriトップページへ

ojoトップ  > コラム  > 〔リレーコラム〕新聞広告について  > 第21回 家族で紙面を指差しながら

コラム〔リレーコラム〕新聞広告について

(Fri Aug 05 10:00:00 JST 2016/2016年8・9月号 新聞広告について)

第21回 家族で紙面を指差しながら

平野啓一郎

作家

新聞も、昔は専ら居間で読んでいたが、最近では仕事部屋で目を通すことも多い。

この時は、読売新聞に『マチネの終わりに』の書評が掲載されていたので、有難く拝読。「本よみうり堂」欄下の本の広告にもやはり目が行く。仕事部屋は、年来あまりに殺風景だったので、このところ、緑化を進めている。机についた時の気分が、大分、違う。

Keiichiro Hirano

Keiichiro Hirano

1975年愛知県蒲郡市生まれ。北九州市出身。京都大学法学部卒業。1999年在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。2004年には、文化庁の「文化交流使」として1年間、パリに滞在。2008年からは、三島由紀夫文学賞選考委員、東川写真賞審査員を務める。美術、音楽にも造詣が深く、幅広いジャンルで批評を執筆。2014年、フランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章。著書は小説、『葬送』『滴り落ちる時計たちの波紋』『決壊』(芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞)『ドーン』(ドゥマゴ文学賞受賞)『かたちだけの愛』『空白を満たしなさい』『透明な迷宮』、エッセイ・対談集に『私とは何か 「個人」から「分人」へ』『「生命力」の行方~変わりゆく世界と分人主義』等がある。最新長編小説『マチネの終わりに』刊行。

News & Report

〈No.849 リーディングトレンド〉

月末の金曜日に退社時間を早める「プレミアムフライデー」が、いよいよスタートする。午後3時に退社し、余暇を楽しんでもらおうという取り組みは、クールビズのように新たなビジネススタイル、ライフスタイルとして定着し、ビジネスチャンスとなることを目指している。

〈No.849 ojo interview〉

砥川 直大さん(アサツー ディ・ケイ クリエイティブディレクター)

〈No.849 読み解き読者調査〉

新製品からロングセラーまで商品が多彩な食品ですが、生活者はその銘柄をどのように選んでいるのでしょうか。銘柄の選定状況や理由、食品ジャンル別の購入パターンを調べました。

インタビュー

第一三共ヘルスケア
小さな広告シリーズ500回記念で全面広告を掲載 4コマ漫画下の小枠広告の継続の力を実感