adv.yomiuriトップ  > 新着情報  > 読売新聞がファンにとっての宝物に 堂本光一主演ミュージカル「Endless SHOCK」

新着情報

(Fri Feb 17 10:00:00 JST 2017)

読売新聞がファンにとっての宝物に
堂本光一主演ミュージカル「Endless SHOCK」

  堂本光一さん主演で、東京・帝国劇場で上演中の人気ミュージカル「Endless SHOCK」を巡って、ファンの間で読売新聞が話題になっている。初演から17年、今年の3月に公演回数1500回を迎える「Endless SHOCK」は、「チケット即日完売」の続く傑作。同作を報じた読売新聞と報知新聞の過去17年間の紙面から厳選した記事約50点をパネル化して、東京・大手町の読売新聞ビル3階で展示している。
  これに合わせての掲載となったのが、夕刊で毎週水曜日に掲載しているカルチャー面「popstyle(ポップスタイル)」での、2月1日付と翌週8日付の2週連続の堂本光一特集。英文化したものが日刊英字紙「The Japan News」(JN)で2月4日付と11日付で掲載された。

堂本さん特集が載った新聞の人気沸騰

  当該新聞のバックナンバーは読売新聞ビルの記事展会場で販売している。来場者の多くが記念に購入しているほか、記事展に来場できないファンからの電話での申し込みも相次いでいる。
  リアルな手触りを特性とする「紙のメディア」である新聞だが、SNS時代にこれを求めてファンが反応。この日の新聞が「堂本光一ファン」にとっての宝物となり保存されていくことになる。

SNSによる拡散と相乗効果

  ツイッターでは、堂本さんが特集された読売新聞夕刊および英字紙JNを、コンビニを何軒も回って入手した様子などがアップされている。読売新聞社では、ツイッターの「読売新聞popstyle編集部」アカウントなどで、堂本光一特集について言及。「SHOCK」記事展開催を報じたYOMIURI ONLINEの記事や、他のニュースメディアが発信する関連記事も、関心を持つユーザーたちにより、ツイッターなどを通じて広く拡散されている。
  さらに、新聞を入手したり、「SHOCK」記事展を見たりしたファンが、情報拡散に拍車をかけている状態だ。

  記事パネル展が行われている読売新聞ビルは、最寄りの大手町駅と公演の行われる帝国劇場最寄りの日比谷駅とは千代田線で3分の近さでもあり、公演の前または後に展示をじっくり見る女性ファンの姿も目立っている。

記事展は4月7日まで。詳しくはこちら
http://pr-yomiuri.com/article/1229/cms_id/1082