AD REVIW

ファンをケアする新聞広告

ブランドや商品のファンは理想的なリピーターと言えます。今回のAD REVIEWは、好きであり続けてもらったり、より発展的なリピーターになってもらうために、ファンの嗜好(しこう)に沿った情報やサービスを訴求した広告の特集です。そんな広告に共感を覚えたり、行動を促された読者のコメントとともにご紹介します。

ソニー・クリエイティブプロダクツ 2015年4月5日 朝刊

ファンにメッセージを伝える
原作出版70周年メッセージ「きみのさいしょのともだちに。」と共に、きかんしゃトーマスとキッズの写真の募集やアニバーサリーイベントを実施

ソニー・クリエイティブプロダクツ

© 2015 Gullane (Thomas) Limited.

読者の声

自分が昔よく遊んでいたので懐かしい気持ちになる広告だった。
男性29歳以下

4歳になる孫がトーマスが大好きなので、食い入るように読んでしまった。是非イベントに連れて行こうと思った。
男性60代

トーマスの笑顔がいいです。子供とこの広告を喜びました。
女性30代

1歳4か月になる息子がおります。トーマスそろそろデビューさせようかな♪
女性40代

※読者コメントは、新聞広告共通調査プラットフォームJ-MONITORのモニターから協力を得ています。