AD REVIW

ニッポン企業の「すごい!」を伝える新聞広告

世界で評価される日本企業の製品や技術、サービス。新聞広告は日本企業の様々な「すごい」を伝えています。広告に対する読者のコメントには、「日本の技術はすごい」「誇りに思う」など、ブランド形成に効果があると思われる回答が多数ありました。4月から8月に掲載された広告の中から、一部を紹介します。

セイコーウオッチ 2014年7月24日 朝刊/2014年7月31日 朝刊

日本を代表する腕時計「グランドセイコー」

セイコーウオッチ

2014年7月24日 朝刊

セイコーウオッチ

2014年7月31日 朝刊

読者の声

 世界に通用する技術。ダルビッシュ選手も時計も素敵です。
女性40代

 高級感と精巧な感じを表現できている。国産の意地も感じられる。
男性30代

メモ

グランドセイコーは1960年に国産の機械式高級腕時計として発売されました。高級腕時計=スイス製として一般に認知されていた時代。スイスの規格と同等の高精度を誇るグランドセイコーの誕生は、その技術力が世界水準に肩を並べた証でもありました。ブランドコンセプトは「実用時計の最高峰」。正確さと見やすさ、美しさも兼ね備え、広い世代から支持されています。

※読者コメントは、新聞広告共通調査プラットフォームJ-MONITORのモニターから協力を得ています。