AD REVIW

制作者の略称=CD(クリエイティブディレクター)、AD(アートディレクター)、C(コピーライター)、D(デザイナー)、P(写真)

日本オリンピック委員会 2012年7月27日 朝刊

日本オリンピック委員会 紙面を拡大
CD:
澤田智洋(電通)
AD:
竹谷耕樹(電通)
C:
宮原幸平(電通)
D:
飯村卓也(たき工房)
P:
アフロスポーツ
制作:
電通

広告主の声

 JOCのパートナーとスポンサーを広く皆様に知っていただくことを第一の目的として制作致しました。しかしながら、オリンピック開幕日の朝刊に掲載する内容として、 よりオリンピックの機運を盛り上げるのはもちろんのこと、日本代表選手団が「どのような想いで戦おうとしているか」、また「必ず勝って、支えてくれた日本中の皆さん を笑顔にしたい」という意気込みを、上村春樹団長直筆の「必笑」のキャッチフレーズと併せて掲載することで表現致しました。  広告をご覧いただいた皆様からは、「多くの協賛企業によって支えられていることが良く分かった。」「一度に選手の名前と顔を知ることができて良かった。」
「オリンピックの期待度が増した。」「日本代表選手団を応援したくなった。」などのご意見を頂戴し、改めて広告を掲載した効果があったことを確認できました。
(マーケティング部)

読者の声

 オリンピックの期待度が増した。
男性29歳以下

 全選手の写真入りの必笑広告は、必然的に目にとまりしばらく選手を探していました。良い広告だと思います。
男性50代

 いよいよオリンピックが始まるんだと実感した。この紙面は保存しようと思います。
女性60代