AD REVIW

制作者の略称=CD(クリエイティブディレクター)、AD(アートディレクター)、C(コピーライター)、D(デザイナー)

味の素 2011年2月25日 朝刊

日立製作所 紙面を拡大
CD:
坂口健一郎(電通)
AD:
小倉輝久(電通)
C:
福井秀明(電通)
廣瀬 大(電通)
D:
宮下一久(たき工房)
高橋由貴(たき工房)
  野村 衛(たき工房)
制作:
たき工房

広告主の声

 味の素グループ企業価値向上のためのコミュニケーションのひとつとして、2010年10月から「環境・CSRの取組み」の紹介を中心とした新聞広告をスタートしました。
 新たなコーポレート・スローガン「おいしさ、そして、いのちへ。」を基調とし、そこに向かう事業姿勢や具体的成果を伝え、味の素グループのファンになっていただくことが目的です。
 7つの活動を、どこの地域で、どのように行っているかをお客様にわかりやすく読んでいただけるように、世界地図をモチーフに企画制作いたしました。
(広告部)

読者の声

 カラーできれいで、文字の大きさや数が適当なので、読みやすく全て読んだ。色々な取り組みを行い、人、自然、生物にプラスになるような活動を行っていることを初めて知った。スーパーで、これらの商品を見た時にこの広告を思い出し、積極的に商品を購入することで自分も協力し応援していこうという気持ちになった。
男性20代

 一貫して、本業の基本である「食」を軸に幅広く活動していることが分かり、好感が持てた。
男性30代

 日頃、味の素さんの商品を使っているにもかかわらず、企業活動をよく知りませんでした。カラー見開きページを使っての、美しい写真つきの大きな広告、インパクトがあり、多くの人にメッセージが伝わると思います。今後も注目したい企業の一つになりました。
女性40代