AD REVIW

制作者の略称=CD(クリエイティブディレクター)、AD(アートディレクター)、C(コピーライター)

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン 2010年6月28日 朝刊

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン
CD:
村田 浩(I&S BBDO)
AD:
窪田雅一(I&S BBDO)
C:
河井堂太(I&S BBDO)
制作:
I&S BBDO

広告主の声

 フュージョンが5枚刃カミソリのNo.1ブランドであることを伝え、より広いターゲットに向けて売り上げの向上を図ることを目的としました。
 ターゲットである男性は、カミソリに関してこだわりが比較的少ないことが弊社の調査でわかっています。そのため、シンプルでわかりやすいメッセージこそがブランドに対する認知を生み出します。
 一方で、フュージョンは2006年の発売以来大きく売り上げを伸ばしてきましたが、5枚刃カミソリのNo.1ブランドであることはあまり知られていませんでした。
 そこにビジネスを伸ばす機会があると考え、「もっとも選ばれている代表的な商品」というシンプルなメッセージを発し、そのもとでマーケティングを展開することとなりました。
(マーケティング本部 アシスタントブランドマネージャー
堀江龍之介氏)

読者の声

 肌が弱いので、色々なタイプの髭剃りを使っていましたが、これは肌にとても優しく、費用以上の効果を実感しています。
男性20代

 非常にインパクトがあり、もしお店で商品を見たら、この広告を思い出すだろうと感じた。伝えたいことが明確で、特に「80%以上がヒリヒリしにくい」との言葉に共感を覚えた。
男性30代

 文句なしの広告です。そのものズバリの髭剃りをだしているところがいいです。普通だったら、男性の顔にシェービングクリームを塗って髭剃りをしている写真を載せますが、シェーバーそのまんま。NO.1というのも目立っていいです。
男性40代