AD REVIW

制作者の略称=CD(クリエイティブディレクター)、AD(アートディレクター)、C(コピーライター)

日本アイ・ビー・エム 2010年6月28日 朝刊

日本アイ・ビー・エム
CD:
松井亘平(オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン)
AD:
塚本 岳(オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン)
C:
吉田未亜(オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン)
制作:
オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン

広告主の声

 IBMは、環境、エネルギー、食の安全など、地球規模の課題をITの活用により解決し、地球をより賢く、よりスマートにしていくというコーポレート・ビジョン「Smarter Planet」を提唱しています。
 今回の広告テーマは「Smarter Cities(スマートな都市)」。都市が抱えている環境問題等さまざまな課題は、地球が直面している課題の縮図と言えます。地球を賢くスマートにするには、都市をスマートにする必要があるとIBMは考えています。
 広告では、社会インフラとしての都市機能を効率的で持続可能性あるものへと変革する取り組みのご支援例をご紹介。IBMが来るべき都市の未来のために、ITでスマートな都市の実現をお手伝いし、より暮らしやすい環境を多くの人々に提供していくことをメッセージしています。
(マーケティング&コミュニケーションズ ブランディング推進・宣伝)

読者の声

 IBMと「スマートな都市」はイメージに合った表現。細かい説明文に具体例も記載されており、よい広告だと思う。近未来的なイラストも目を引く。
男性30代

 IBMは、パソコンメーカーとしてのイメージを強く持っていました。今回この広告を見て、「都市のスマート化」というよりグローバルなテーマに取り組んでいるということを知りました。今後の日本や世界の成長、活性化にとって、とても重要なテーマだと思います。詳しくは、ぜひインターネットで検索してみたいと思います。今後とも更なる企業努力に期待をしています。
男性50代

 新聞の1ページを使用して、この企業の公約とでもいうべき将来の方向性が強く印象づけられたと思う。どの企業にも求められている地球規模的な課題だが、いかに実践できるかがこれからの生き残りを左右する大きな要因になると思う。
女性50代