AD REVIW

制作者の略称=CD(クリエイティブディレクター)、AD(アートディレクター)、C(コピーライター)、D(デザイナー)、P(写真)

メイスイ 2010年3月22日 朝刊

メイスイ
CD:
田淵 稔(大広)
AD:
田淵 稔(大広)
C:
田淵 稔(大広)
D:
田淵 稔(大広)/奥村将司(大広)
P:
杉本俊介(大広ONES)
制作:
大広

広告主の声

 メイスイは1973年設立以来、まじめに水と取り組んでまいりました。それは私たちが浄水器を通じてお手伝いすることにより、本来あるべき姿の水に還して利用させていただくという実に単純なことに切磋琢磨しています。また、「自然に還す」という発想は、例えば使用済みになった活性炭をプランターとして再利用し、緑を育てた後は土に戻るという商品にも反映し、企業活動そのものが水→土→緑→水のサイクルと共にあると考えます。シンプルな私たちの企業哲学をシンプルな広告で知っていただければ幸いです。掲載後は各方面から再認識していただいたようです。どうもありがとうございます。
(管理本部 広告課)

読者の声

 大きな広告でとてもさわやかで読みやすい。水と花というわかりやすい広告なので、目に飛び込んでくる写真だけですぐ浄水器メーカーと連想できる。簡潔で優れた広告の一例だと思う。
女性20代

 カラーで広告スペースが大きいため目立ちます。また、この広告とは同じ内容ではないのですが、メイスイはテレビコマーシャルで覚えやすい曲とともによく見かけますので知っていました。今回の新聞広告は大きく、また簡潔で分かりやすいコピーで理解しやすかったです。また、環境に配慮した内容で、好感が持てる広告です。
男性40代

 大きな文字が印象的で、水の入ったコップとデイジーの鉢に春らしさと透明感を感じる。初めてこの広告主を知ったが、信頼できそうな会社と思えた。浄水器の買い替えを検討しているので、HPを見てみたいと思った。
女性60歳以上